脂肪肝対策には肝臓に良いオルニチンとタウリン

オルニチン脂肪肝対策

肝臓は、「沈黙の臓器」と言われていて、
多少の負担にはその機能を保持する強さを
もってはいますが、食べ過ぎたり飲み過ぎたり
して酷使しすぎると、知らない間に、
脂肪肝や肝硬変などの病気を引き起こして
しまう
ことがあります。

こういった生活習慣病を予防するためには、
食生活を中心に毎日の生活習慣の改善が
非常に大事になってきます。

また、お酒の飲み過ぎなどで肝臓に負担を
かけているという場合、定期的な肝機能検査
を受けるのも良いことだと思います。

最近では、生活習慣病の予防という観点から、
オルニチンやタウリンといった肝臓の働き
をサポートするサプリメントが人気です。

これらのサプリメントを取り入れながら
生活習慣を改善することによって、
肝機能及び健康を維持することができます。

生活習慣病の一つである脂肪肝の対策として、
オルニチンやタウリンを摂取することは
有効な方法
です。

オルニチンは、遊離アミノ酸と言われ、
体内を血流に乗って巡っていて、
肝臓でのアンモニアの解毒という重要な働き
を担っています。

この解毒のシステムをオルニチンサイクル
と呼び、アンモニアにオルニチンが
結合することでスタートし、最終的には
尿素として体外に排出されます。

オルニチンサイクルがスムーズに
機能することで、肝機能全体が
活性化します。

このように、肝機能が弱っているときは、
オルニチンを摂取することで、
肝機能全体を活性化することが可能です。

一方タウリンは、肝臓に蓄積された
コレステロールや中性脂肪を体外に
排出するという働きがあります。

中性脂肪が肝臓に過剰にたまる脂肪肝には、
ピッタリな成分と言えます。

その他にもアルコールの分解を助ける働き
があるので、二日酔いの症状を緩和する
効果もあると言われています。

このように肝機能をサポートする
オルニチンやタウリンは、普段の食事から
取ることが可能ですが、肝機能の改善を
期待する場合は、サプリメントの方が
効率的に吸収できておすすめ
です。

 

 

 

 



一押し記事一覧