アルギニンとシトルリンはオルニチンとどんな関係?

アルギニンとシトルリン

アルギニンシトルリンはオルニチン
と深い関係があります。

尿素回路では、オルニチンからシトルリン、
シトルリンからアルギニンという順番で
変化しています。

この流れによって有毒なアンモニアは
排出されていきます。

オルニチンとシトルリンは遊離アミノ酸であり、
アルギニンは非必須アミノ酸です。

非必須アミノ酸はタンパク質の原料となります。

アルギニンの一部は一酸化窒素にもなります。

この一酸化窒素は血管の筋肉を柔らかくしながら広げて、
血液の流れをスムーズにしたり、
血管内のコレステロール値を下げて血栓をできにくくする
働きがあります。

したがって、このような効果を期待する人には
アルギニンを飲むと良いです。

3つの中で、アルギニンが一番体にもたらす効果が
高いのですが、最終的には変換されてしまうので
どんな状態で摂取してもよく、中でも良い摂取方法は
オルニチンと一緒に飲むことです。

これはアルギニンを摂取するとアルギナーゼという
酵素の影響でオルニチンに変化します。

あまり変化させないようにするためには、
オルニチンの量が十分であればそれほど
早く変化しないので、
一緒にオルニチンを摂取すれば良いです。

アルギニンは飲み過ぎると下痢になったり、
あまり多すぎると肝機能に影響を及ぼしてしまう
こともあるので、賢く効率よく取り入れるためには
一緒に摂取するのが理想といえます。

 

 

 

 

 



一押し記事一覧