レバニズムーL(オルニチン)は減量ダイエットに効果はある!?

max16011636_TP_V

 

最近では、オルニチンに脂肪を燃焼する効果
があり、それと同時に筋肉も強化することができる
ということで、サプリメントなどで
よく取り入れられるようになりました。

もちろん、一切何もしないで楽をして、
ただオルニチンだけ摂取していれば
減量ダイエットできるというものでも
ありません。

オルニチンなどのアミノ酸は、
摂取した後に運動をすることで
効率よく脂肪を燃やすことができる

といわれています。

オルニチンは、アミノ酸による
ダイエットでは、アルギニンと
ともに話題の成分です。

一般的に、タンパク質を構成する
アミノ酸を結合アミノ酸と
言いますが、反対に、タンパク質を
構成しないでバラバラで体内に
存在するアミノ酸を遊離アミノ酸
と言います。

オルニチンは、遊離アミノ酸の
ひとつです。

オルニチンは、タンパク質を
構成する成分ではないため、
食事からの摂取が難しい
アミノ酸です。

オルニチンはしじみに多く
含まれていますが、その量は
わずかなものです。

したがって、オルチニンは
サプリメントで摂取する方が
効率が良くベターです。

オルニチンを摂取すると、
腸で吸収され、肝臓や腎臓、
筋肉に移行し、遊離アミノ酸として
単独で存在し、体内で様々な働き
をします。

オルチニンは、アルギニン、
トリプトファンなどと同様に、
脳の下垂体に作用して
成長ホルモンの分泌を促進します

成長ホルモンは、糖質、骨、水分や
ミネラルなどの代謝を調節します。

一方で、減量やダイエットの
ために有効な働きとして、
脂肪の分解やタンパク質の
合成を促進します

成長ホルモンの分泌量は、
加齢とともに減少していきます。

体内の成長ホルモンが減少すると、
新陳代謝が悪くなって脂肪の分解も
進まず、体脂肪が増えてしまったり
コレステロール値が上がったりして、
様々な悪影響を及ぼします。

また、タンパク質の合成も促されず、
筋肉がつきにくくなります。

筋肉が衰えると、脂肪の分解が
進みにくくなり、太りやすくなる
ということです。

このことから、オルニチンは
成長ホルモンの分泌を
促すことで脂肪の
分解を促進するため、
ダイエットやアンチエイジング
に効果がある

と言われています。

オルニチンは、非必須アミノ酸の
一つであるアルギニンの効力を
高める効果がありますので、
アルギニンと一緒に
摂取すると相乗効果

が期待できます。

現在、オルニチンの効果について、
脂肪燃焼を促進できるかなど、
まだまだ研究段階ではありますが、
近い将来はっきりとした科学的根拠や
また新たな効果の発見もある
かもしれません。

 

 

 

 

 



一押し記事一覧