オルニチンは遊離アミノ酸ってどういうこと?

nayamu

 

遊離アミノ酸について説明する前に、
そもそもアミノ酸とは何なのでしょうか。

アミノ酸は、アミノ基とカルボキシ基
からできている有機化合物
です。

たんぱく質はアミノ酸で成り立っています。

人間の身体の20%はたんぱく質でできています。

天然には80種類以上のアミノ酸が
存在しているのですが、
人間の身体を構成するたんぱく質は
そのうちの20種類
だけと言われています。

20種類のアミノ酸で、
体内で合成できないものを必須アミノ酸
合成できるものは非必須アミノ酸
と呼びます。

必須アミノ酸は20種類のうちの9種類
とされています。

ちなみに、必須アミノ酸のヒスチジンは、
大人は合成できますが子どもは合成できません。

体内で合成できない必須アミノ酸は、
食べ物などで摂取しなければなりません

このどれか一つでも欠けてしまうと、
筋肉、骨、血液がつくれなくなって
しまうので、必ず取る必要があります。

一方で非必須アミノ酸は、体内で
合成できるので外から摂取する必要
がないと思うかもしれませんが、
十分な量を摂取しておいた方がベターです。

アルギニンなどは、乳幼児期に不足しやすく、
準必須アミノ酸とも言われます

オルニチンは、遊離アミノ酸に分類されます

遊離アミノ酸とは、たんぱく質を構成せず、
アミノ酸の状態で組織内だけでなく、
血中にも多く存在しているアミノ酸です

どこかの組織でアミノ酸が不足すると、
血液中の遊離アミノ酸が取り込まれて、
たんぱく質の合成の材料に利用される
ことになります。

反対に、遊離アミノ酸が増え過ぎた
場合は、血液中に放出されます。

体内のアミノ酸量の状況に合わせて、
素早く機能的に働いてくれるのが
遊離アミノ酸なのですが、
食べ物からはなかなか摂取できない
のが悩ましいところです。

オルニチンサプリメントなどで効率よく
摂取してあげると良い
でしょう。

 

 

 

 

 



一押し記事一覧