肝臓の数値を下げる方法とは?

beer

 

肝臓の健康状態を見るのに代表的な数値は、
AST(GOT)とALT(GPT)があります。

お酒の飲み過ぎ、過剰なストレス、
お薬やウイルスなど、これらが原因で
肝臓に負担をかけると、
AST(GOT)やALT(GPT)の数値が高くなります。

そもそもAST(GOT)、ALT(GPT)は、
肝臓の中にある酵素の一種なので、
肝臓の細胞が破壊されると血液中に
漏れ出てしまうので高値
となります。

要するに、肝機能の検査でAST(GOT)、ALT(GPT)
の数値が高ければ、肝臓の細胞が壊れていること
を意味します。

これらの肝臓の数値を下げるためには、
壊れた肝細胞を修復すると良い

ということです。

壊れた肝細胞が修復されると、
肝細胞から血液へAST(GOT)、ALT(GPT)
が流れ出るのが止まって、
血液中のこれらの数値が下がります。

肝臓の数値を下げるためには、2つの考え方があります

一つは、
肝臓のはたらきを最大限に高めてあげる方法
もう一つは、前述した
壊れた肝細胞を修復する方法です。

まず前者の方法でとても頼りになる成分が
オルニチンです。

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、
たんぱく質の合成には使われず、
肝臓の大事な部分に直接働いて、
解毒作用を高めてくれます。

食品であれば、しじみに多く含まれており、
サプリメントでも手軽に摂取できます。

もう一つの壊れた肝細胞を修復するには、
どうすれば良いのでしょうか。

肝細胞はたんぱく質からできているので、
たんぱく質の合成を促進してやれば良い
ということになります。

たんぱく質の合成には、
いろんな酵素が関係していて、
これらの酵素の働きを高めてあげることが、
たんぱく質の合成を促進する秘訣です。

酵素の働きを高める栄養素は、
ビタミンB12などのビタミン、亜鉛
などのミネラルです。

食品では牡蠣がビタミンやミネラルを
豊富に含んでいます。

サプリメントで効率よく摂取していく
と良いでしょう。

もちろん、肝臓の数値改善にはこれらの
栄養素を取るだけでなく、
アルコールの摂取を控えたり
運動をしたり、生活習慣の見直しも大切

です。

ズバリ言ってしまえば、
お酒を飲まないことが一番の改善方法
ではありますが、それが難しい場合は、
休肝日を設けたり、お酒の量を減らすなど、
自分なりに少しずつ取り組んでいけば、
無理なく実践できる
のではないでしょうか。

 

 

 

 

 



一押し記事一覧