肝臓でアルコール分解されて発生するアセトアルデヒドとは?

%e3%82%a2%e3%82%bb%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%92%e3%83%89

大人になると付き合いなどでお酒を
飲むようになりますが、お酒が
まったく飲めない人やアルコールに
弱い人がいる一方で、お酒を浴びる
ように飲んでも全然平気な人、
アルコールに強い人もいます。

お酒をいっさい飲まない場合は別ですが、
いずれにしてもお酒を飲む人は
体調を考えたり二日酔いなどの予防を
講じることが大事になってきます。

お酒を飲み過ぎてしまうと場合によっては、
翌日ひどい二日酔いにより吐き気や頭痛に
見まわれます。

この原因になっているのが、
肝臓でアルコールが分解されることで発生する
アセトアルデヒドと呼ばれる成分です。

体内に入ったアルコールは腸で吸収されて、
その後血液中を流れて肝臓へ運ばれること
になります。

肝臓の脱水素酵素のはたらきで
アルコールはアセトアルデヒドと水に
分解されて
血液中のアルコールの濃度が
下がっていきます。

このアセトアルデヒドという成分ですが、
人間の身体に有害な物質で、
排出が追いつかずアセトアルデヒドが
血液中に残ると、吐き気や頭痛などの
症状を起こしてしまいます

ですので、二日酔いを予防するためには
お酒を加減して飲んだり、二日酔いに
効果のある食べ物やサプリメントを
摂取するのがベター
です。

二日酔いにならないためにはアルコールの
吸収を遅らせることが大事です。

アルコールの吸収を遅らせる簡単な方法は
食事をしながらお酒を飲むことです。

とくに脂肪分やカテキンを含む食べ物は、
アルコールの吸収をおさえる効果が高く、
お酒と一緒に揚げ物などを食べると良い
です。

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドは、
飲酒中に分解を促すことで効果的な二日酔い対策
になります。

最近はアセトアルデヒドの分解に必要な成分が
含まれているサプリメントなどが販売されているので、
お酒を飲む前に準備しておくとよいでしょう。



一押し記事一覧